"Shade検索"Wiki

VBScript/USBメモリで大容量ハードディスクを同期させる

ここでは、ほとんどperlで書いたCGIスクリプトを公開していますが、今回はVBScriptです。

これはCGI/USBメモリで大容量ハードディスクを同期させるで公開しているCGIをVBScriptで書き換えたものです。
もともとこのデータベースを使ったバックアップ処理は、CGIには向いていない、
スクリプトみたいに手軽に動かせるプログラム向きだと思っていたのですが、やっとスクリプト版ができました。
WEBサーバーソフトをインストールした環境でないと使えないCGIよりも、スクリプトファイル1個で動くものの方が
手軽に使えるというのが一番のメリットです。

昔Shade用スクリプトで初めて書いたのがVBScriptでしたが、ずいぶん久しぶりに触れてみて思ったのは
「こんな使いにくいスクリプトだっけ」という感想です(^^;;

まあそれはさておき、どういうときに使うものかということですが、
会社と自宅など、離れた場所にあるパソコンのハードディスクの内容を同じに保っておきたいという場合です。

普通なら、USB接続の外付けHDDなどに同期させたいフォルダ内を全部コピーして、
もう一方のパソコンに外付けHDDをつないで同期させるというのが一番確実な方法だと思います。
しかし、同期させたいフォルダ全体の容量は数百GBあったとしても、一度の更新で追加したり、更新するファイルは数GBしかない場合が多いと思います。
だったら、その追加、変更したファイルだけ仲介メディアにコピーすればいいのではないか。
それくらいの容量だったら、さらにコンパクトなUSBメモリでも十分である。
ということから、そうしたUSBメモリで大容量のハードディスクを同期させるためのプログラムです。



927


>>2014/07/25 20:01:53更新>>