キーワード  
CGI  2016年08月22日 12:20   編集
マルチアップローダ設置

マルチアップローダを新規設置する

新しくマルチアップローダを設置する方法です。
  1. ダウンロードしたファイル(multiupload.zip)を解凍します。multiuploadフォルダ内に
    • 2.gifmultiupload.cgi
    • 2.gifindex.html
    • 2.gifjcode.pl
    • 2.gifmimew.pl
    • 2.gifemail_chk.pl
    • 2.gifstyle.css
    • 2.gifurlhelp.html というファイル
    • 1.gifimg
    • 1.gifmail_template というフォルダができるはずです。
  2. multiupload.cgiの1行目の
    #!/usr/local/bin/perl
    はサーバーにあったパスに書き換えて、上記のファイル、フォルダをすべてFTPクライアントソフトでサーバーにアップロードします。
    アップロード前にcgiファイルを直接編集してスクリプトの設定を変えることもできますが、(config_startからconfig_endまでのユーザー設定部分)
    管理者パスワード($adminpass)は直接編集しないでください。また、スクリプトの設定はあとで管理者設定画面から編集することができます。
  3. multiupload.cgiのパーミッションを実行可能なものに変更します。
    これは使用するサーバーによってまちまちだと思いますが、755や705と言う場合が多いかもしれません。このサイトで使用しているロリポップでは700でした。
    すでに稼働中のCGIがあれば、それと同じパーミッションにしておけば間違いないでしょう。
  4. WEBブラウザでmultiupload.cgiにアクセスします。
    初めてのアクセスだったら(つまり管理者パスワードが未登録なら)、管理者用パスワードを設定するフォームが出るので、登録したいパスワードを入力して「登録」ボタンを押します。
    登録したパスワードは暗号化されてmultiupload.cgiファイルに書き込まれます。
    このため、multiupload.cgiファイルのmy $adminpass = の部分に直接パスワードを入力すると、正しいパスワードとして認識されませんので、ご注意ください。
    また、初めてのアクセスでもパスワード登録フォームが表示されず、結局管理者としてログインできなくなってしまいます。
    もし、このような状態になったら、$adminpass に何も入力されていない状態に戻して、再度multiupload.cgiをサーバーにアップロードしてください。
    ※バージョンアップなどで、multiupload.cgiを上書きアップロードした場合は、すでに登録したパスワードが自動的に引き継がれます。
  5. 管理者設定画面に入るので、メニューの[スクリプトの設定]をクリックして初期設定を行います。赤で表示されている項目があったら、設定に問題があるので修正します。
    sendmailのパス($sendmail)や文字コードライブラリ($encode_lib)の修正が必要かもしれません。サーバーに合った設定に変更してください。
    また、管理人にメールで通知する設定にするなら、管理人のメールアドレスを登録する必要があります。
    ここで設定できるのは、
    CGIのタイトル、管理者の名前、管理者のメールアドレス、サーバーのsendmailのパス、ユーザーからの登録を受け付けるかどうか、インストールディレクトリより上位のディレクトリへのアクセスを認めるか(管理者のみ)、メールアドレスの登録を必須にするかどうか、メールアドレスの書式をチェックするかどうか、ユーザー登録やファイルのアップロード時に管理人にメールで通知するかどうか、パスワードの最低長さ、ユーザー名最大長さ、アップロードディレクトリ内に自動的にindex.htmlファイルを作ってディレクトリ内が直接見られないようにするかどうか、そのindex.htmlを隠すかどうか、
        ・・・などです。
  6. 管理者でユーザーを登録する場合は、[ユーザー管理]をクリックし、ユーザー入力フォームから登録します。
  7. メールアドレスを登録した場合、そのアドレスあてに、登録したユーザーID、パスワードをフォームメールで通知することができます。
    ユーザー一覧からの、そのユーザーのメールアドレスをクリックすると、メールフォームが表示されます。

マルチアップローダをバージョンアップする

すでにマルチアップローダをサーバーにアップしていて、新しいバージョンにアップする手順です。
  1. ダウンロードしたファイル(multiupload.zip)を解凍します。
  2. multiupload.cgiの1行目の
    #!/usr/local/bin/perl
    はサーバーにあったパスに書き換えて、解凍してできたファイル、フォルダをすべてFTPクライアントソフトでサーバーに上書きアップロードします。
    登録した管理者パスワードや、カスタマイズしたスクリプトの設定は自動的に復元されます。
counter:2,281