CGI 2022年06月27日 16:41   編集
CPANで公開されているモジュールを使いたいときのメモ
  1. CPANのサイトの検索フォームで探したいモジュールを検索する
  2. Scalar::Utilモジュールを探しているなら、「Scalar::Util」と入力して探す。
    検索結果からそれらしい「Scalar::Util」をクリックする。
    cpan01.jpg
  3. 移動先のページで、Downloadからファイルをダウンロードする。
    cpan2.gif
  4. 拡張子がtar.gzというような圧縮ファイルがダウンロードされるので、7-zipなどで解凍する。Windows10以降ならtarコマンドでも解凍できるらしい。
    tar -xzvf (解凍ファイル名)
    たとえば「ダウンロード」フォルダにScalar-List-Utils-1.63.tar.gzをダウンロードした場合は、コマンドプロンプトを開いて
    C:\Users\ユーザー名>cd Downloads
    で「ダウンロード」フォルダに移動し、
    C:\Users\ユーザー名\Downloads>tar -xzvf Scalar-List-Utils-1.63.tar.gz
    で解凍する。
他のバージョンが必要な場合は、「Jump to version」をクリックすると過去のバージョンのリストが表示されるので、そこから選択することができる。
cpan03.jpg
ローカルサーバーにインストールする場合はPerlモジュールの検索パスを確認して、そのうちのどれかにモジュールを保存することになる。検索パスは、Windowsの場合コマンドプロンプトで
perl -e "print join \"\n\", @INC"
CGIなら
foreach (@INC) {
print qq($_\n);
}
で確認できる。

各CGI個別にモジュールを読み込む場合はCGIファイルの保存フォルダ内のサブフォルダに保存されている場合もある。
counter:4,875