PHP Shade 2021年06月19日 02:29   編集
Shadeプラグイン・スクリプト検索もレスポンシブ対応にしようかなと思って、久しぶりにCGIファイルを見てみたら、いろいろ他にも気になる部分が目について、結局ゼロからPHPで書き直すことにした。ちょこちょこ修正しているとはいえ、元はなんせ20年も前に書いたものだからなー。

スムーズに移行できるようログは旧CGIで作成したものをそのまま流用するつもりだったが、データを1個のファイルにすべて保存する形式にしていたのがどうも気になる。ダウンロードカウントもこのファイルに書き込む方式だったので、アクセスがあるたびにデータファイルを書き換える処理をしていたことになる。最初のころしょっちゅうログファイルが壊れていたのはこれが原因だったのかもしれない。
さすがにこれはないだろうと、まず新しいPHPプログラムでアクセスすると旧データファイルを扱いやすいデータ形式に書き換えることにする。登録内容1件ごとにファイルを作成することにして、ダウンロードは別ファイルでカウントすることにする。新方式のデータファイルを作成したら旧データファイルにはアクセスしないことにした。続きを読む
[1]指定時間に指定コマンドを実行する機能
counter:345
Shade 2016年08月22日 12:19   編集

メンテナンスフリー

一応ここのメインコンテンツの プラグイン・スクリプト検索CGI は、管理人がいなくても機能し続けるシステムを目指して、リンク切れ自動チェック機能を追加し、さらにリンク切れを検出して30日後に登録を抹消する機能も追加したが、思わぬ誤算が。
リンク切れが検出されて30日たった登録は確かにトップページのリンク切れ一覧から消え、抹消されたように見えるが、検索するとまだ登録に残っている。
どうもログファイル破損対策の自動リカバリー機能が誤動作しているようだ。
初期の頃頻繁にログファイルが壊れるというトラブルがあったため、急激にログファイルの容量が減ったら、自動的にバックアップファイルでリカバリーするという機能をつけていたのだ。
リンク切れ自動抹消機能は、リンク切れから30日以上経過した登録をまとめて削除することにしていたが、リンク切れが検出された日時が近い場合、一度に複数の登録が抹消される可能性がある。
そうするとログファイルの容量が急に減ったと判断されて、自動復旧が作動してしまう。
このため、登録を抹消するのは一回に1件のみにすることにした。(ver.4.092)

掲示板スパム対策

これで検索CGIの方はほとんどメンテナンスいらずになったと思うが、実は一番メンテナンスの手間がかかっているのは掲示板のスパム投稿。
プラグイン・スクリプト検索とWeb検索で5個の掲示板があって、それぞれスパム投稿対策をとっているが、やはり数か月ごとぐらいに投稿されてしまう。一度投稿されると似たようなタイプのスパム投稿が何度か続く。
スパム投稿と対策は常にイタチごっこの関係で、新たな対策をしてしばらくは効果があっても、そのうちその対策をかいくぐるような新手のスパムが出てくる。
現在ウチの掲示板で取っている対策は
  1. URL羅列拒否
  2. 日本語を含まない投稿拒否
  3. 投稿キー
    投稿フォームにランダムな数値の画像を表示し、それを入力しないと投稿できないという仕組み。
    ランダムに色やフォントを変えたり、ノイズを混入する改訂版の方が防止効果が高いようだが、ということは、画像ファイルをパターン認識しているのか。
  4. IPアドレス拒否モジュール
    ウチで公開しているモジュール。
    一時、いろいろなURLの書き込みスパムが集中して、URLを調べたところ、ドメイン名はいろいろだが、IPアドレスは一緒という書き込みが多かったので、スパム投稿のドメイン名からIPアドレスを抽出し、そのIPアドレスのドメインはすべて拒否してしまおうというものだ。
    しばらくは効果があったが、最近は短時間でIPアドレスを変えて投稿してくるケースもあるので、片っ端からIPアドレスを拒否してもきりがない。
最近のスパム拒否のテクニックとして自動投稿なので、フォームにアクセスして投稿するまでの時間が短いので、その時間を計測して短すぎるものははじくというのがあった。
counter:3,332
Shade 2012年12月16日 20:13   編集
投稿者   
コメント
counter:2,948